O脚の原因 生活習慣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

O脚は生活習慣によって生じることが多いです。
特に脚のねじれをキツくする動作です。
座り方、立ち方、歩き方にO脚の原因があります。

動画解説でもご覧頂けます。


O脚矯正講座のテキストの一部引用

座り方でO脚になる場合

横座りやぺしゃんこ座りをしていますと、股関節が内側にねじれます。
股関節が内側にねじれると骨盤が前傾しますので坐骨が開きます。

立ち方でO脚になる場合

足先を内側に向けた立ち方をしていますと股関節が内側にねじれてきます。

片方の足に体重をかけた立ち方をしていますと、骨盤が歪みます。
片方の骨盤の腸骨が前に向き、坐骨が開いてきます。

すでにO脚の人は片方の足に体重をかけて立っている方が楽ですので、この状態で
立っていますとますます骨盤が歪みます。

歩き方でO脚になる場合

足先を内側に向けた歩き方や外側に向けた歩き方をしていると股関節がねじれてきます。
ベタ足で歩いていると扁平足になってきて、そこから膝下の隙間が生じます。

あなたのO脚はどのようにねじれているのか?
骨盤から足はどのように歪んでいるのか?
改善するのかどうか? 無料診断をご希望の場合は上記のリアルタイムO脚無料診断を受けてみてください。

O脚を自分で直したい方には全面的にフォローさせて頂きます。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*