Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yagiseitai/okyakukaishou.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

2018年 12月 の投稿一覧

骨盤緩みが原因のO脚の特徴と改善期間

突然ですが、こんな体型で悩んでいませんか?

こちらの女性の方は骨盤の緩みで坐骨の幅が広くなっているO脚のタイプです。この方はどれくらいまで良くなっていくのか?
そしてこのタイプの方の特徴についてお伝えさせていただきます。

こちらの女性の方はぱっとみると両脚の隙間が結構広いので直るのに長期間かかるんじゃないかないか?

あるいは、直りにくいんじゃないかなと思われますが、実はこのタイプのO脚は比較的短期間で見た目を良くすることを期待できます。

このタイプのO脚は上半身の重さがのしかかって骨盤下の部分が横に広がろうとします。骨盤が横に広くなって太ももの隙間も大きくなっています。

ではなぜそうなるのでしょうか?

このタイプの横向き姿勢は平背になっています。

S字カーブが少なくなってしまっている為に、頭の重さが頸椎7番のところにのしかかり、腰椎5番あたりにも上半身の重みがかかります。それによって首凝りや腰痛になりやすいのです。

骨盤が横に広がろうとする力が加わるために内臓も下がってしまいます。
それによって腸が圧迫されると便秘気味になります。子宮も圧迫されるので生理痛や生理不順などで悩まされている方も多くいらっしゃいます。

ではこのO脚はどのようにすれば解決できるのでしょうか?

一番手っ取り早くい方法は広がってる坐骨および大転子の部分をしめてあげることです。

それだけでもO脚補正になります。

そしてもう一つは横向き姿勢でのS字カーブを取り戻していくことです。

良くなっていくと、頸椎7番と腰椎5番にかかる負荷も少なくなりますし、下がった内臓が持ち上がってきます。

ではこのタイプのO脚の方はどれくらいの期間で良くなるのでしょうか?

 

このタイプの方はまず約1月ぐらいが目安です。

骨盤が緩くなって生じたO脚の方は坐骨や大転子を締めて上げることで見た目が変わります。

ぜひ、試してみてください。

 

O脚診断を短期間で身につける方法

本日は、整骨院、整体の先生向けのO脚診断を短期間で身に付ける方法の概要についてお伝えします。

整骨院や整体の先生方におかれましてはもしもO脚の患者さんが来院された時にどれぐらいまでO脚が良くなるのかどのくらいの期間でO脚が良くなるのかについてお客様に聞かれたら「はっ」と思うことはありませんか?

患者様からするとそのことが気になっているのですが、この時に的確に回答をするとお客さんも安心して受けていただけるんじゃないかなと思います。

それでは、O脚の診断を効率的に身につける為の3つステップについてお話します。

1)まずはO脚とはどういう風な状態になってるのかを把握することです。
とくに、1人1人のO脚の状態についてです。いくつかのタイプがありますのでそこをしっかりと把握することです。
2)2つ目はO脚の直る要素と直らない要素を現場レベルで把握することです。この2つの要素が複合している場合も結構多いので、しっかりと識別できることが大切になってきます。
直る要素っていうのは骨盤の傾斜によって大腿骨が外側に向いたり、足関節の傾きやねじれによって脛骨が外側に向いたり、腓骨が外側にはみ出したりします。一方、直らない要素とは脛骨そのものが湾曲曲している場合、あるいは変形性膝関節症でこの内側の軟骨がすり減っていたために脛骨と大腿骨に角度がついている場合です。これは手術をしないと治りません。

3)どれくらいまで良くなるのかゴール設定は、その人の骨盤の大きさや大腿骨骨頭の位置、それから、先ほどの直る要素と直らない要素から判断して、直る要素を修正するとどれくらいまで大腿骨と脛骨のラインが一直線に近づくかで判断します。これは実際に経験をするともっと理解が深まりますが方向性だけしっかりともっておくことが大事ではないでしょうか?
整体師や整骨院の先生向けのO脚診断セミナーを随時行っていますので、興味のある方はこちらをご覧ください。

セミナー情報

動画でもご覧いただけます。