O脚の原因 出産

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の方が出産をしてからO脚が目立つようになってきたと悩む方がいらっしゃいます。
出産する時は、恥骨結合が開くイコール坐骨も大きく開きます。
坐骨が開くと、お尻下と太ももの隙間が広くなります。

産後骨盤矯正の施術でウエストとヒップサイズが大幅に変化する仕組みについての動画

 

出産によりO脚になった場合の改善方法

このタイプの方のO脚は比較的容易に改善できます。
しかも、ヒップサイズが減らせることを大いに期待できます。

出産によって開きすぎた坐骨をしめる運動を行います。
これはご自分でできます。
左右の恥骨の位置が違う場合は合わすように整体などで矯正してもらうと良いです。

そして、出産によって退化した筋肉を回復していきます。

これだけでも十分産後ダイエットになります。

こんなに短期間で改善されて、驚きました。

 

「家事育児に追われて、すべてのストレッチを毎日こなすのは不可能でしたが、
自分に特に必要なストレッチを短時間でも見つけてする事と、
鏡の前、座る時の姿勢など常に意識を足に持っていっただけで、日増しに閉じるのが楽になりました。こんなに短期間で改善されて、驚きました。」

2008年8月3日匿名様 大阪府

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*