O脚矯正施術の改善事例で同じ悩みのお客様が集まる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初回はそれほど大きな見た目変化はありませんが、これでも本人は満足。
2回目の施術ではあっけなく両脚が真ん中に寄りました。
この瞬間、お客様は唖然としていました。

初回

2回目

 

東京の有名O脚矯正サロンに十数回通って改善しなかった女性

 

一般の施術家がO脚矯正施術をマスターできるのか?

O脚矯正施術は特殊な技術だからマスターしにくいのではないか?
と思われるかもしれません。
整体の学校などO脚矯正に特化した学科はありません。

骨盤矯正、股関節、膝関節、足関節といったように各パーツごとの矯正について
学んだけれども、それをどのように活用していくのか?
そして、整体施術だけでは足りない部分をどのようにカバーしていくのか?

この2つのスキルを練習しますと、O脚施術を再現していくことができます。

 

O脚矯正は需要があるの?

はい、O脚矯正の需要はインターネット上で年々増えています。
O脚というキーワードをグーグルで検索すると

年々、O脚で検索するユーザーが増えていることがわかります。

また、治療系よりも供給が少なく需要が多い市場です。
グーグルで
「和歌山 腰痛」で検索すると約699,000件と表示されます。
「和歌山 O脚」と検索すると約510,000件と表示されます。
つまり、和歌山ではO脚というキーワードが腰痛よりも競合が少ないということです。

先生の治療院の「地域名+O脚」もしくは「地域名+O脚矯正」で検索してみるとどうでしょうか?

もしも、O脚矯正の治療院の掲載数が少なければ市場性が高いということです。
O脚で悩む患者様をHPから集客しやすいということです。

 

O脚矯正の潜在需要は莫大である

日本人の8割以上はO脚と言われています。
そして、先生の治療院に来院するお客様を見渡した時に
O脚のお客様は多くいませんか?

もしもそうなら、O脚矯正の潜在需要は果てしなく大きいです。
ただ、本人はO脚は直らないものと諦めている方もいます。
そして、自分の脚がO脚ということに気づいていない方も多くいらっしゃいます。

60代以上の女性で膝痛で悩まされている方。
よく見るとO脚の方は多くいらっしゃいませんか?

これは典型的な例ですが、自分の脚がO脚だと気づかずに長年過ごしてきた。
もしくは、O脚は直らないものと長年思い込んで過ごしてきたために
O脚がひどくなって膝痛になってしまったのです。

このように見ていきますとO脚矯正の需要は新規のお客様だけでなく既存のお客様の中にも多くあるということです。

 

O脚矯正施術でお客様が感激する

O脚矯正施術では見てわかる結果を施術で体感して頂けます。
「今までいくらやっても両脚がつかなかったのがつくようになった。」
「立っている足裏の感覚が今までと違う。 安定している感じ。」
「施術前後の画像を見比べて明らかに良くなっている。」
「脚のラインを手でたどっていき、膝下の横のハミ出しが減っている。」
「脚が軽くなっている。」

などと言った今まで体験しなかった満足感をお客様が得られます。

O脚矯正施術を身につけると、
O脚と関係のある膝痛や股関節、腰痛などの症状改善に大いに役立ちます。

膝痛の場合は足関節の調整と筋肉活性で膝への衝撃を減らし、
脚矯正でねじれが少なくなりますので、結果的に膝にかかる負担が少なくなります。

股関節痛や腰痛も同様にO脚によって特定箇所に負担がかかっているものを解除していくことで良くなります。

 

O脚矯正施術でリピーターが増える

O脚矯正施術を身につけると、リピーターが増えます。

O脚で悩んでいる人は見た目だけでなく
「脚が疲れやすい」
「脚のむくみ」
「膝痛」
「股関節痛」
「生理痛」
「臀部痛」
「坐骨神経痛」
「腰痛」
「背部痛」
「肩こり」
「首のこり」
「顎関節症」
「頭痛」などの症状で悩んでいるからです。

O脚からこれらの症状に派生するしくみや改善手法を整理しておきますと
的確に施術を進めていくことができます。

そして、O脚改善と並行してこれらの症状を二人三脚で取り組んでいくことで
リピートしやすくなります。

※一度に全ての症状を改善しませんので。

 

O脚矯正施術を武器に新患とリピーターを増やす方法

無料レポートは下記のフォームからお申し込み頂けます。





は必須項目です。

O脚矯正施術を武器に新患とリピーターを増やす方法
  (例)日本
名  (例)太郎
メールアドレス 
(例)nihon@example.co.jp
治療院もしくはサロン名
コメント


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*