骨盤緩みが原因のO脚の特徴と改善期間

突然ですが、こんな体型で悩んでいませんか?

こちらの女性の方は骨盤の緩みで坐骨の幅が広くなっているO脚のタイプです。この方はどれくらいまで良くなっていくのか?
そしてこのタイプの方の特徴についてお伝えさせていただきます。

こちらの女性の方はぱっとみると両脚の隙間が結構広いので直るのに長期間かかるんじゃないかないか?

あるいは、直りにくいんじゃないかなと思われますが、実はこのタイプのO脚は比較的短期間で見た目を良くすることを期待できます。

このタイプのO脚は上半身の重さがのしかかって骨盤下の部分が横に広がろうとします。骨盤が横に広くなって太ももの隙間も大きくなっています。

ではなぜそうなるのでしょうか?

このタイプの横向き姿勢は平背になっています。

S字カーブが少なくなってしまっている為に、頭の重さが頸椎7番のところにのしかかり、腰椎5番あたりにも上半身の重みがかかります。それによって首凝りや腰痛になりやすいのです。

骨盤が横に広がろうとする力が加わるために内臓も下がってしまいます。
それによって腸が圧迫されると便秘気味になります。子宮も圧迫されるので生理痛や生理不順などで悩まされている方も多くいらっしゃいます。

ではこのO脚はどのようにすれば解決できるのでしょうか?

一番手っ取り早くい方法は広がってる坐骨および大転子の部分をしめてあげることです。

それだけでもO脚補正になります。

そしてもう一つは横向き姿勢でのS字カーブを取り戻していくことです。

良くなっていくと、頸椎7番と腰椎5番にかかる負荷も少なくなりますし、下がった内臓が持ち上がってきます。

ではこのタイプのO脚の方はどれくらいの期間で良くなるのでしょうか?

 

このタイプの方はまず約1月ぐらいが目安です。

骨盤が緩くなって生じたO脚の方は坐骨や大転子を締めて上げることで見た目が変わります。

ぜひ、試してみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です